FAQ 検索 メンバーリスト ユーザーグループ 登録する プロフィール ログイン
 
プロテイン以外のサプリメントについて。

 
新しいトピックを投稿   トピックに返信    www.bodyplusbbs.com Forum Index -> サプリメント&ニュートリション
前のトピックを表示 :: 次のトピックを表示  
投稿者 メッセージ
tat2uya



登録日: 2012.08.02
記事: 3

記事日時: Sun Aug 05, 2012 10:47 am    記事の件名: プロテイン以外のサプリメントについて。 引用付きで返信

現在、筋肥大と脂肪燃焼を目的として、週に3,4回ウェイトトレーニングを実施しています。今まではmusashi(huan/kuan/ni)と別メーカーのプロテインを摂取していましたが、
今後はすべてボディプラスの製品に変える予定です。

現在は、運動前後にビッグホエイ、就寝前にビッグカゼインを摂取していますが、
追加のサプリを検討しています。
BCAAEAAMDCDあたりを追加しようと考えているのですが、
BCAAEAA、MCとCDの使い分けがいまいちわかりませんので、ご教授いただけませんでしょうか。また、他にお勧めのサプリがあればご紹介いただけると大変助かります。

何卒よろしくお願いいたします。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示
David
Site Admin


登録日: 2005.01.21
記事: 2856

記事日時: Tue Aug 07, 2012 4:02 pm    記事の件名: 引用付きで返信

tat2uyaさん、

ウエイトトレーニングにはEAABCAAパウダー、もしくはその両方がおすすめです。トレーニング時にはフリーフォームアミノ酸の方が全タンパク質(ホエイプロテイン)よりも効果的ですが、トレーニング時以外には摂る必要はありません。その他の時間帯ではプロテインパウダーをお使いください。

トレーニングの20分から30分前にバルクスポーツEAAパウダーまたはHALEOハイパードライブからEAA(6-12g)を摂れば理想的です。 トレーニング中には20gのBCAAC3Xをお摂りください。トレーニング直後にはお手持ちのホエイプロテインパウダーとEAAをいくらか摂ると、即効性、遅効性のアミノ酸を供給でき、回復と成長を促します。

サイズアップやスポーツのパフォーマンスアップを目的にトレーニングする場合は、トレーニング中に炭水化物の摂取をおすすめします。 トレーニング中MDまたはCDを60g、そしてワークアウト後にもう一回分(体重1kgにつき0.5g−1g)をプロテインアミノ酸に加えてお摂りください。

もしくは科学的なことはHALEOのR&Dチームに任せて、ワークアウト直後にはHALEOハイパーリロードを摂れば、トレーニング後の回復と成長のキックスタートに必要な栄養素すべてを摂取できますよ。

MDCDのどちらを使うかですが、MDは単糖と同じ作用があり、消化吸収の速い炭水化物で、インスリン分泌を促進することが知られています。絶えずインスリンが分泌されては困るので、単純炭水化物の摂取をトレーニング中と後に制限するのはそのためです。CD消化吸収の速い炭水化物ですが、インスリン分泌への影響が少ないので、低カーボダイエット中やインスリン分泌を誘発せずにエネルギーアップしたい時に良いかもしれません。

最後に、カッコいいカラダづくりのためにトレーニングする場合、例えば脂肪減少などが目的の場合は、ワークアウト時でも単純炭水化物を摂らないようにすると、脂肪減少に役立ちます。
パフォーマンスアスリートの場合には、トレーニング前中後にエネルギー源として炭水化物を摂ると気分も良くパフォーマンスも高まると思います。

これでお役に立てば幸いです。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示
tat2uya



登録日: 2012.08.02
記事: 3

記事日時: Wed Aug 08, 2012 7:01 pm    記事の件名: 引用付きで返信

Davidさん、

非常にわかりやすい説明誠に有り難うございます!!
頂いた情報を参考の上、早速購入を検討させていただきます。

あともう一点だけご教授をお願いできないでしょうか。
他メーカー(Musashi)の場合、アミノ酸の摂取を空腹時に取るよう推奨されていたのですが、貴社製品にはそのような記述は見つかりません。特に空腹時に摂取する必要はないのでしょうか。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示
David
Site Admin


登録日: 2005.01.21
記事: 2856

記事日時: Fri Aug 17, 2012 4:35 pm    記事の件名: 引用付きで返信

tat2uyaさん、
空腹時に摂るとアミノ酸の吸収・利用に競合するものが少ないです。それぞれの有益効果を有効に使いたいなら空腹時に摂るのが良いでしょう。

例えば:
EAABCAAロイシン = 回復、タンパク質合成促進、パフォーマンスアップ
アルギニンシトルリンオルニチン = 毒素除去、血流増大、ホルモン分泌などによるパフォーマンスアップ
チロシン = 集中力アップ
などです。

しかしシトルリンアルギニンロイシンなど特定のアミノ酸は食品の補完効果もあるので、食事と一緒に摂ることでタンパク質合成に使われるアミノ酸の量を増大することもあります。実際、HALEOマッハ6アナボリック反応を高めるために食事と一緒に摂るようにデザインされています。
食事と一緒に摂らない場合、特に消化系に負担をかけたくないトレーニング時などは空腹時に摂るのが最も効果的でしょう。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示
Ha-shi



登録日: 2011.08.31
記事: 50
所在地: 神奈川県

記事日時: Tue Feb 05, 2013 10:56 pm    記事の件名: 引用付きで返信

Davidさん、
アミノ酸をプロテインや他の食事と一緒に摂取するとタンパク質の増強効果・補完効果はあると思いますが、その食事やプロテイン消化に巻き込まれるため、やはり、アミノ酸の独特のアドバンテージの一つとも言えるアミノ酸特有の薬理作用や吸収の速さ・即効性といったものは失われますか?
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示
David
Site Admin


登録日: 2005.01.21
記事: 2856

記事日時: Wed Feb 06, 2013 6:36 pm    記事の件名: 引用付きで返信

Ha-shiさん、こんにちは。
そうですね、アミノ酸はホエイプロテインと一緒に摂ると、その特徴的なアドバンテージが失われることがあります。しかしまた特定のアミノ酸はタンパク質を含む食事のアナボリック効果を向上する可能性を示すエビデンスもいくつかあります。特にアミノ酸プロフィールの弱いタンパク質(特定のアミノ酸はタンパク質合成制限アミノ酸です)を含む食事に効果があるようです。これらのアミノ酸はロイシンアルギニン(ある程度他のEAAもそうですが)で、これがHALEOマッハ6の製品デザインコンセプトの背景となっています。このBBSにもいくらかの情報がありますので、マッハ5かマッハ6で検索してみてください。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示
bs



登録日: 2008.08.02
記事: 4

記事日時: Thu Feb 07, 2013 4:37 am    記事の件名: 引用付きで返信

Q: アミノ酸をプロテインや他の食事と一緒に摂取すると、その食事やプロテイン消化に巻き込まれるため、アミノ酸の独特のアドバンテージの一つとも言える吸収の速さ・即効性といったものは失われますか?

A: そうですね、アミノ酸はホエイプロテインと一緒に摂ると、その特徴的なアドバンテージが失われることがあります。

とございますが、ハイパーリロードの説明には

>2段階のアナボリックトリガー
EAAマトリックスを放出した後、続いて高級ホエイプロテインアイソレート(WPI)に含まれる20種類のアミノ酸がカラダづくりをサポートします。

と同時に摂っても先にアミノ酸が吸収され次にプロテインが、と順序よく吸収される説明がなされています。
これは矛盾している気が否めないのですが、このあたりはどうなのでしょうか?
知識不足による解釈違いの質問でしたら済みません。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示
David
Site Admin


登録日: 2005.01.21
記事: 2856

記事日時: Thu Feb 07, 2013 6:52 pm    記事の件名: 引用付きで返信

bsさん、
分かりにくい説明となってしまいすみません。私が言いたかったことをもう少し明確にしましょう。

「特徴的なアドバンテージ」がというのは、特定のアミノ酸を空腹時に摂取した場合と比べ、他のタンパク質含有の食事と一緒に摂った時に、それに特有なホルモン分泌などの薬理効果が薄れる可能性のことを言ったものです。この場合、ホルモン分泌に影響することが知られているアミノ酸とは、アルギニンシトルリンオルニチンなどです。体の中で利用できる量によってこれらのアミノ酸が影響を与えることを示すエビデンスに基づいた理論があります。このアミノ酸の量は、アミノ酸トランスポートの競合などによって低下することがあります。(同時に血流に取り込まれる単体のアミノ酸の量が低下する。)

ハイパーリロードの説明は、ホエイプロテインパウダーの吸収スピードに対し、EAAと混ぜた時の吸収スピードのことで、理論的には、フリーフォームEAAを単独で摂った時に比べて吸収速度が低下しますが、EAAホエイほど水に溶けやすくなく(溶けずに表面に浮く可能性がある)、消化の必要もないため、タンパク質合成をシグナルするロイシンその他のアミノ酸は、ホエイプロテインアミノ酸がピークに達する(約40〜60分)よりも速く吸収されると思われます。ホエイからの全般的なアミノ酸である第2の波がタンパク質合成に必要なすべてのアミノ酸を供給すると考えられ、一応おおざっぱなタイムリリース効果となるわけです。
ただし、これは厳密な科学というわけではなく、フリーフォームアミノ酸やその他の食品/プロテインパウダーの特徴に基づいた理論上の解説であることを忘れないでください。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示
Ha-shi



登録日: 2011.08.31
記事: 50
所在地: 神奈川県

記事日時: Thu Feb 07, 2013 9:32 pm    記事の件名: 引用付きで返信

 ずっと、それを謎に思っていました。別々に摂取した時よりもアミノ酸の吸収は遅くなるものの一応、タイムリリース効果はあるということで理解しました。
 
 それでは、アミノ酸を摂取して、その20分後くらいにプロテインを摂取するという方法では、どうでしょうか?
 こうすれば、アミノ酸が十分に取り込まれ、血中アミノ酸値もピークに近くなったところで、プロテインを摂取することができると思います。
 ただ、この方法だと、今度は、プロテイン消化吸収・アミノ酸放出が、そこから60分後くらいになってしまうため、その頃には、血中アミノ酸値は下がっているということになってしまいそうですね。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示
David
Site Admin


登録日: 2005.01.21
記事: 2856

記事日時: Tue Feb 12, 2013 4:30 pm    記事の件名: 引用付きで返信

Ha-shiさん、
これはまだ厳密に科学とはいえない(実際の筋肥大に関しては、どれだけの差が出るかは分らない)ので、最も便利な使い方を選ぶのが良いと思います。最も重要なのは摂り忘れたりせずに継続的に使用することですので、自分が一番やりやすい方法をとるのが最良というのが私の考えです。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示
bs



登録日: 2008.08.02
記事: 4

記事日時: Wed Feb 13, 2013 7:31 am    記事の件名: 引用付きで返信

Davidさん
理解できました。
丁寧なご説明を有り難うございました。

Ha-shiさん
挨拶もなく突然横入りしすみませんでした。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示
特定期間内の記事を表示:   
新しいトピックを投稿   トピックに返信    www.bodyplusbbs.com Forum Index -> サプリメント&ニュートリション All times are GMT + 9 Hours
Page 1 of 1

 
移動先:  
新規投稿: 不可
返信投稿: 不可
記事編集: 不可
記事削除: 不可
投票参加: 不可
You cannot attach files in this forum
You cannot download files in this forum


 

Powered by phpBB © 2001, 2002 phpBB Group :: Theme zoneCopper designed by yassineb.
Traduction par : PHPBB JAPAN / EUC-JP Edition : JP Support Forum